記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【400記事突破記念】オルトが歩んだHR300↑ ~オルト、秘伝作成と覇種に至る~

おかげさまで、前回の記事を持ちまして、400記事目を掲載するに至りました。
この間1周年が経過したところで、またまた記念記事というのは気が引けますね。

まぁ、でも、それはそれ、これはこれで別腹なので、
頑張って書いていきたいと思います。

さて、今回の企画も恒例となってきましたこの企画も
HR・SR帯ラストといったところに来たと思います。
前回の記念記事からの続きになるので、気になる人はリンクをクリック!

「オルトが歩んだMHF-Gの歴史」

をお送りしますので、よろしくお願いします。

では、まず前回のあらすじですが、宿命のライバル、
冥雷竜ドラギュロス剛種特異個体を降したオルトは、
ついにランサーとして、覚醒したのであった!!!(多分)


さて、本題。

前回の激闘からほとんど間を置かず、私は新たなステージに昇らされてしまいました。
SR300という、SR帯最強最悪、伝説の始まり、全ての終焉、と私が呼んでいる、
紙(誤字じゃないよ)の選別が行なわれる魔のランク帯でございます。

皆さんご存知のとおり、未だに最前線にも影響を及ぼしている秘伝、
そして、世紀末的攻撃力の覇種でございます。

いやぁ、もうここからは無心の一言に尽きる毎日を送っていましたね。
膨大すぎる要求量の時間と大量のHC素材。
これらを収集するために優先を回したり、黒レイアが配信されれば通ったりしてました。

途中、何度投げ出しそうになったことか、と記憶しています。
しかし、これもまた今の私を形作る上で欠かせない思い出です。
これを苦い思い出、良い思い出とするのかは人を選びますが、
私が思うに捉え方ひとつなのでは?と考えています。

少し脱線しましたねw


さて、まずは秘伝防具。
ランスを始めたことのきっかけの一つは、秘伝の効果もありましたので、
一刻も早く完成させたかったですね。

ランスの秘伝効果で私が欲しかったのは、
「ガード時における削りダメージの無効化」
どうしても、チキンで小心者の私は、大きな盾による安心感に、
更に絶対的な保障が欲しかったのですw

なので、まずは白・赤の選定でしたが、
白3・赤2くらいで着込んでいた気がします。

ガードの白に回避の赤、それぞれ組み合わせてこその秘伝でしたので、
このような感じになってましたね。

んで、作るものも決まったので、早速優先を回す日々の始まりです。
なるべく自分が楽に感じるものを選び、募集をかけて回すだけ。
淡々としてましたが、一歩ずつ確実に目標に近づくというのは、
精神的な均衡を保つのに、一役かってましたね。

何戦、何十戦、何百戦という数字を築き上げて、
ようやく至りました、FX!

完成したときは、涙が出ました。

これでようやく自分でG級に昇格するための自分ルールの一つをクリアできました。


あ、ここで自分ルールですけども、
G級昇格するためにはいくつかの関門を設けて、
これらをクリアできたとき、G級昇格をしようと考えていました。

んで、そのルールですが、下記の通りです。

①片秘伝でもFXLv.7まで強化すること
②覇種ソロクリアすること

多くはないですが、どちらも先達が通ったであろう道筋だと思い、
このように設定しました。


んで、片秘伝ではありますが、ようやく覇種に挑むための準備は整いました。
もともと秘伝を作成しようと思ったのも、この覇種に挑むためというのもあったので、
これは当然のことですよね。

さて、それでは何に挑むの?ということになりますが、
実は結構前から決めていました。

剛砲不沈 オディバトラス
至禍凶刻 UNKNOWN
狂喰無尽 パリアプリア
天震雷轟 ドラギュロス
輝輝臨臨 アルガノス&ゴルガノス
豪炎灼華 テオ・テスカトル

覇種はこのように6種類実装されていますけども、
もともとFをはじめたきっかけの一つに、
2つの動画と1種のモンスがあったからこそ、
これに倣い同じ軌跡を辿ろうと考えました。

さて、この2つの動画ですけども、
一つは「女一人裸の旅」の歴史に残る一戦です。
装備を何もつけず、頼るのは己のPSと運という縛りで
展開された激戦に感動を覚えたからですね。

そして、もう一つはかつて覇王と呼ばれた方の
弓ソロ覇種横断企画で、秘伝防具に身を包み、
強敵を打ちのめしていく様に感動を覚えたからです。

この2つの動画の共通点として、挙げられるもの。
それは「黒レイア」です。
だからこそ、私は「至禍凶刻」こそが、
自分ルールの達成に必要なクエストだと考えてました。


そして、前置きが長くなりましたが、ようやく開戦。

序盤、黒レイアは本気を出してきません。
こちらの攻撃によって、こちらが黒レイアの命を危機に晒す存在
であると示さなければ、その力の全ては発揮してくれません。

あ、先に言っておきますが、PTプレイでは幾度と無く挑戦はしています。

しかし、野良でのプレイがほとんどだった私の場合、
同レベル帯の方々と同行することはほとんど無かったので、
Gランク帯の火力によって楽々と討伐される姿しか知らない
という感じだったので、ちょっとなめてましたw

さて、開幕から時間を置かずに第2形態へ。
この段階で黒レイアは超広範囲・超威力の攻撃を仕掛けてきます。
これは比較的に簡単にフレーム回避が可能なので、
さらりとステップでかわします。

まだまだ激戦には程遠いですね。
しかし、徐々に段階が進行していき、勝負の熱も高まります。
と、思いきや、まさかの一乙wwwww

普通の棘落としからの乙というね…
落下位置とかなんとなくでしか回避してこなかったので、
当然の結果ですね。

さて、そこから立て直そうと思って進行していきましたが、
残念、私はリズムが崩れると極端にダメになるw

羽ばたき火球バックジャンプをタイミング外して乙。
火球5連発滑空からの乙。
あっという間に3乙を積み上げました。

まだ覚醒すらしとらんのに、この様でございます。
しかし、ある種確信めいたものはありました。

「勝てない相手ではない」

そうです、あっという間の3乙でしたが、
段階進行のタイムで見れば余裕はないけども、全然いけそうな部類ですし、
何よりも、3乙したのに心が全く萎えていないのです。

そこからは暇さえあれば黒レイアに通い、
ソロ討伐を目指すべく特訓を重ねていきました。
雨の日も、風の日も、雪の日も、晴れの日も、(←ただし、季節は流れてないw


そして、ようやくその時が訪れました。

秘伝防具に身を包み、何度とない乙を重ね、
相対する前から既に満身創痍に見える私。

傲岸不遜なあいつは、如何にも退屈気にあくびを一つ。

生意気だぜ。
そして、むかつくw

しかし、そこはランサーの私。
心はホットに、頭はクールに、いざ、尋常に勝負!





開始を告げる一突き目から、一体何度の突きを繰り出したことか。
そんなことを考える暇も無いほどに、あっという間に段階は進行し、
今、ようやく覚醒の時を迎える。

蒼色のオーラと共に大咆哮!
これを食らうと即死に繋がるので、
回避回避で安全圏へ。

落ち着いて武器をしまい、次の攻撃に備える。

羽ばたき打ち上げからの超滑空!
覇黒レイアの代名詞ともいえるコンボですね。
凶悪という言葉すら生ぬるい攻撃です。

しかし、初撃をかわしてさえしまえば、後は余裕で避けれる!
大丈夫、まだ頭はクールだ。

その後は、相手の行動を読みつつ、間隙を縫うことを繰り返すだけ、
そして、ようやく尻尾切断!
でも、この段階ではまだ残り30%も体力が残っている状態…

少しだけ浮かれてしまった、心に余裕を感じてしまった。
無乙でたどり着いたことに慢心してしまった。
相手は私を命を脅かす外敵と看做しているにも関わらず、
私は油断してしまった。

やつはそれを見逃すはずも無く、初撃さえかわせれば余裕な攻撃を
モロに食らってしまった、見えていたはずの予兆を見逃し、
行ってはいけないタイミングで、自ら命を差し出してしまったのだ。

愕然としました。
相手の攻撃にというのもありましたが、
何よりも自分の心にでした。

世紀末的攻撃力の覇種、それも覚醒を果たし、
全力で私を討ち取ろうとしている相手に対して、
私は何をしているんだ、と心底へこみました。

時間的に見て、あまり余裕はありません。
どうにかして立て直さないと、撃退止まりで終わってしまう。

そこで、失ったリズムをまずは取り戻すべく戦場へ舞い戻り、
とにかく回避に徹することにしました。
もちろん、手は出しますが決して無理はせず、
明らかな隙にのみ攻撃を当てていく。

「どうした、そんなものか」

そんな声が聞こえた気がします。

「まだだ、まだやれる」

心の中でそう返しました。
私の心にはあの人がいました。
背中を追ってきたあの人です。

私なんかよりも限りなく不利な状況に身を置いて、
数え切れない乙を重ね挑んだ彼女が私の中にいる。

あの人は諦めたか?いいや。
あの人は心折れたか?いいや。
あの人はやり遂げたか?そうだ。

だったら、こんなところでうじうじしている暇はない!

そこからは、私も覚醒したかのような動きを見せ、
攻めて攻めて攻め立てる!

そして、ついに…

クエストクリア!

覇種を相手に、まだまだにわかの域を出ない私が、勝利を収めたのです。
それもこれも覇王の背中、褐色の裸女の背中を追って、やってきたからに他なりません。
一度もお会いしたことはありませんが、この場を借りて感謝を申し上げます。


長くなりましたが、ようやく私は自分ルールをクリアすることが出来、
G級昇級試験を受けるに至りました。

あっさりとクリアできましたね。
これについてはもう余裕の一言に尽きます。


今回の件で思ったことは、何か追うべき背中を見つけること、
これがモチベの維持や自分のPSの向上、
追い詰められたときにこそ発揮される力になると思います。

私は偉大なる2人の先人の背中を追うことで、
ここまでやってこれたと思います。

また、最近では、課金での解決がかなり多くなりましたね。
特に珠秘伝までの課金による解決なんかが顕著でしょうか?

しかし、ただ課金に走るのではなく、何か自分の中に一つでも
筋を通して、それをやり遂げるというのもまた大事なことではないでしょうか?

何をしていいのかわからない、という初心者の方、
こういったことを少しでもやってみてはどうでしょう?


さて、かなりな長文になってしまいましたね(^^;)
思いのほか、書きたいこといっぱいあったみたいw
ここまで読んでくれてありがとうございます。
また次回、500回記念記事でお会いしましょう。

次回予告
そして、私は休止した。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

告知エリアっぽいの

2016/12/27更新
いただきもの
↑の画像をクリックすると、
練習会告知に飛びます

プロフィールっぽいの

オルト

Author:オルト
【HN】
HN:オルトリンデ


【スペック紹介】
所持珠秘伝
天槍→鈍器獣→弓鬼→奏帝→銃傑→
刀神→斬将→双龍→真弓鬼→?

不退珠作成状況
作成予定珠
ラヴィ剣珠GX2  GFLv.5
ラヴィ射珠GX2  生産済
ラヴィ猛射珠GX2 生産済
ラヴィ猛射珠GX3 生産済
ラヴィ猛射珠GX5 生産済

進化武器進捗状況
真大蛇ノ弓【絢爛】Lv.90
残りGg:1,260,000Gg(残158戦程度)
真大蛇ノ笛【絢爛】Lv.01
残りGg:2,795,000Gg(残350戦程度)

【ハード】
PS3を使用中
PS4ほしい
CS民嫌いは回れ右してください

【ホーム】
メロウ ランド7
インしてる間は基本常駐
最近はワイズに出没中

【当ブログについて】
初めての方はこの記事を参照してください
基本的にスクショや画像を使わない
方針で更新を行っていきます。
新聞記事の内容の無い感じだと
言えば伝わるかな?
画像を掲載しない理由は
こちらの記事を参照してください

【リンクとか】
基本的にリンクはフリーです
相互リンク等希望の方は適当な記事にて
その旨記載していただければいいかな
と思います。

カレンダーっぽいの

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ分別っぽいの

アクセスカウンターっぽいの

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
モンスターハンター
21位
アクセスランキングを見る>>

リンクっぽいの

ランキング表示

公式サイト


◆お世話になってる方々◆
修羅と呼ばれた方の取り出し専用倉庫
MHF-Z スキルシミュ倉庫
引退したと言ったな、あれは嘘だ
イノシシの疲労困憊日記
素敵なイラストで狩猟生活に華を添える
MHF-Gえふみんカムバック!
各種データベースに特化したメモ帳
Irisのメモ帳 ブログ
公式まとめ~ネタまで何でも網羅している
MHF-Z コッコココ!
片手剣のことならここに行こう!
MHF-Z ひっそり装備倉庫
同盟団さんのところの公式です
社会人大人大猟団 Info&FreeBAR チョット寄ってって~
新進気鋭の同盟団員さんの個人ブログ
【MHF】うしまる冒険記
ここはカムバックマイフレンド(更新停止?)
ヤドカリ狩り狩り
様々な検証が行なわれた小屋(更新停止)
MHFG-銀ちゃんの検証小屋
軽妙なトークが光る(更新停止?)
MHF-G なんですなんです~?秋と遊んでくれるの?
優しいタッチが私好み♪(更新停止?)
そうだ、リタしよう
今は更新停止中?
+αで一狩り行こうぜ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。